スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっつー・・・

昨夜1時過ぎ、もう2時になろうかって時間。
俺も眠たくて横になってた。
すると

ドンッ キキキィィィーー

激しい衝突音と、続くブレーキ音

あ、これは事故ったな、よし写メでも撮りに行くか ←不謹慎

と、軽い気持ちでうちの前の交差点へ


うちは、片側3車線あるでかい環状線のすぐそばにあり、東西の道路も交差する、やや大きめの交差点の脇にある。
真隣に、交差点の角にスタンドがある交差点。
ここまでは南北方向ともに直線が500m以上続き(北側行きに関してなら数キロ)とても見晴らしはいいが同時にスピードの出る、出せる区間だ。
その中で、うちの交差点から北側へ向かうと1kmしないうちに地下鉄の駅&区役所があり、その交差点から東へいくと名古屋駅前南「笹島」の交差点に出るでかい交差点がある。
地下鉄の駅があるということもあり、整備が整ってるんだけど。。
うちの前の交差点は、夜中になると東西方向の道路は通行量皆無、南北の環状線にしても数分に数台って交通量。

なんでこんな話するかは続きへどうぞ・x・
まぁ、見に行ったんだ。
案の定交差点上に車が二台停車してた。
やっぱりかーと思い、交差点南にある歩道橋の下で停車してたので見に行く。(横断歩道なし)

すると
先頭に停車している車の前になにかある
ソレから、路肩に向かい液体の、大量の液体の道ができてる。

ヒトだった。
路肩方向に頭、中央分離帯側に足という感じで倒れていた。
パっとみでしかなかったが、頭部から出血しているようだった。
頭部からにしろ、出血量は・・・あれじゃ助からないかも、と俺でさえ思うほどだった。
確か人間って2Lの血液を失うと死ぬ可能性高いんだっけね。

音を聞きつけて外に出て、すぐパトカーがきた。
が、救急車はきていなかった。
数分してようやく救急車到着。
ここで俺は家に戻った。
もちろん写メは撮ってない・・・
なんか悪い気がして・・・;


家に入って数分、救急車が走り去った。
その後はもうわからない。


今日、仕事に来る前に、もちろんその交差点を通ることとなった。
現場近くの歩道に立てかけられた看板があった。
「交通死亡事故発生場所 注意」の看板だった。

あぁ・・・やっぱり助からなかったのか・・・


本当に一瞬だったろう
運転手にも
歩行者の方にも

夜中で交通量が少ないからと
歩道を使わなかったのだろう、信号赤なのに渡ったんだろう

車側も
きっとスピード出してたんだろう、歩行者の衣服がこげちゃっぽい暗い色だから見落としたんだろう

信号をまつ時間、ただの数十秒の話

スピードを出してもそこまで変わらない到着時間

どちらもどちらとは思うけど

人×車

きっと車の運転手は過失致死だっけ、そういうので投獄生活になるんだろうね。
歩行者は・・・言うまでもなく、人生そのものが終わった。

ただの数十秒を
ケチったその人はそれで終わった。

交通事故ってのは本当になにも生まない。
生むとしたら、後悔・憎みなど負の感情ばかり。

車側も歩行者側もちょっとしたことで防げるはず。

こう目の当たりにすると本当にそれがよくわかってしまう。
見えなくとも誰しも交通に関しての知識はある。
が、頭でわかってるだけじゃだめなんだと痛感する。

ルールはもちろんだけど、マナーも守るべき。
気づいてないヒト、知ってて無視してるヒトには注意するべき。

すごくショックでした。
「注意一秒怪我一生」

決まり文句だけど、本当にそう。


歩行者は運転手に一生の重い枷を負わせ
運転者は歩行者の一生を奪う


俺も過去に一度事故を起こしてる
自損ではあったものの、隣に友人をのせ左側からガードレールへ突っ込んだ。
いまだこれをネタに遊ばれることはあるものの、運転での注意はずっと続いてる。
このとき俺が友人に怪我をさせていたらと思うといまだに怖い。



このブログを閲覧してくれたみんな
運転するヒトかもしれない
歩行者かもしれない
運転するヒトだって街を歩くことはあると思う。

せめて信号は守ろう
赤信号で渡るのをとめるわけじゃないけど、それなら本当に
本当によく確認して渡ってほしい

運転者のみんなも
スピード、特に夜中とか閑散とした道路を走るときは気をつけてほしい
「歩行者が飛び出してくるんじゃないか」「酔っ払いが道路で寝てるんじゃないか」
そういった「かもしれない運転」で・・・お願いしたい。

正義感を振りかざすわけじゃない

ただ

みんなが巻き込まれたり当事者になったりしてほしくないだけなんです。

知り合いがそういうことになるほどつらいものはないから。

容易に手助けなんてできる話じゃなくなるから

注意できるのは自分だけです。

みんなもせめて自分だけは注意してください。。

年末に向け、人通りの多くなる・交通量の多くなるところへ赴くこともあるだろうし
先に挙げた酔っ払うヒトも増えると思うから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

     カウンター     

プロフィール

シグラル・ヴァイス

Author:シグラル・ヴァイス
管理人のシグラル(ヴぁ)です!
てきとーに更新していくので、お付き合いのほど
よろしくぅヾ(゚∀゚)ノ
ROでの出来事や、日常、リアルごともごっちゃかもw
こうするといいよーなどの意見も歓迎っ

~~お願い~~
コメントは管理人の許可得るまで、表示されないようにしました。
できるだけ俺が、だけでもいいので、わかる名前で投稿お願いします。
確認できた場合は、閲覧できるようにします。
 ○添付アドレスが無ければ表示(差出人不明でも。)
 ○添付アドレスがある場合は、差出人が特定できなければコメ消します
のでご了承のほどを(´ω`)




(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。